GalleryQ/QConceptinc
>> Q_HOME >artistst_Q >kanekonao
Exhibition Now Exhibition Archives Schedule Reservation Links Past Projects

Gallery Q - Artists

永井 優
Nagai Masaru works

ネット販売できます。

The shadow of summer
foil, Japanese pigment color, cashew on cotton with panel
91x91cm
2012
210,000 Yen

Like a movie
Japanese pigment color, cashew on cotton with panel
91x117cm
2012
262,500 Yen

LOVE!!!!
pigment color, cashew on cotton with panel
122 x 122 cm
2011
315,000 Yen
ROCK OVER
pigment color, cashew on cotton with panel
145 x 122 cm
2012
367,500 Yen
meet you
pigment color, cashew on cotton with panel
70 x 90 cm
2011
157,500 Yen
Farthest limit
pigment color, cashew on cotton with panel
177 x 242 cm
2012
840,000 Yen
KAGURA20-1
pigment color, cashew on cotton with panel
78x60.6cm
2012
SOLD
KAGURA10-3
pigment color, cashew on cotton with panel
53x45.5cm
2012
63,000 Yen
KAGURA10-4
pigment color, cashew on cotton with panel
53x45.5cm
2012
63,000 Yen
KAGURA20-2
pigment color, cashew on cotton with panel
72.7x60.6cm
2012
SOLD
KAGURA10-1
pigment color, cashew on cotton with panel
53x45.5cm
2012
63,000 Yen
KAGURA10-2
pigment color, cashew on cotton with panel
53x45.5cm
2012
63,000 Yen
Artticle
 

日本の伝統的な「能」は独自の様式化された演技、舞い、歌によって演じる舞台芸術です。
世阿弥(1363-1443年)によって発展した日本独自の文化である「能」は演じるものは面を着け、面の内側に演じる
ものの顔の表情を隠す。 それは表現や表情を見えないもの、隠すことでイメージを見るものに委ねる。「能」は表
現者が自らのコミュニケーションを発するのではなく、現世と来世を行き来する霊、魂によって役者の肉体を通じて
伝承され演じられる。見える世界は見えない世界によって成り立つ事の暗喩(メタファー)として東洋的な考え、表
現とも言える。私たちアジア圏内の現代芸術の多くは東洋(背景=指示体)と西洋(表面=絵画)の両義的世界として
成り立っていることを象徴している。永井優が「能」の面を少年、あるいは少女に着けることで、西洋で生まれたギ
ター持つことで、私たちが伝統と現代の狭間で生きていることも表現している。特に「能」は直接に描写・叙述・形
容などしないで表現している日本的な表現と言えるだろう。永井優の作品は東洋的な技法・素材(cashew 、綿布、
パネルの上に顔料によって描く)を用いて、西洋的な表現によって描いている。(文責/上田雄三)

Noh is a Japanese unique traditional performing art with stylized action, dance and chants, developed by
Zeami (1363-1443). Noh actors put on masks tohide their facial expressions. By doing so, they let the
audience imagine the expressions. Noh actors themselves don't communicate with the audience.
Instead, with their own bodies, they act spirits or souls that come and go between the actual world and
the world after death. Noh can be said a metaphor for the Oriental idea that the visible is supported by
the invisible. In Asian contemporary art, a support or background for painting could often be seen as
something Oriental, and the painted surface as omething Occidental. It suggests that Asian art embraces
an ambiguous world between the Orient and the Occident. Nagai Masaru depicts a boy or girl with a noh
mask and a guitar (of Western origin) to state that we are living in between the traditional and the modern.
Noh can be said a form of expression highly Japanese in that it's performed without direct description or
narration. Nagai Masaru uses Oriental technique and material (pigment and cashew applied on cotton
 mounted on panels) to render Western motifs. (Text by Ueda Yuzo)

Artist Statement
 

日本人がこれまでに積み上げてきた美術の歴史。
それは素材感であったり技術である。
私達は美術教育を受け技法や歴史を学び作品制作を行う。
日本人である私が今どういった時代に立ち、どういった作品を制作するのか。
「昔と今」見えるものは違う。だが同じものもあれば積み重ねてきたものもある。
伝統的な素材や技法を大切にし、今でしか表せない表現をしたい。
技法、素材、表現が入り混じる現代的ハイブリッドアート。
それはとても儚いものであるが、強く、強く表現したい。

Artist Profile
1987 東京生まれ
2010 多摩美術大学 美術学部絵画学科油画専攻卒業
2012 多摩美術大学 大学院油画美術研究絵画専攻修了 
Solo Exhibition
2012 「新世代への視点2012」ギャラリーQ、東京
Group Exhibitions
2007 「新制作展」国立新美術館、東京
2008 「新制作展」国立新美術館、東京
2009 「新制作展」国立新美術館、東京
「ワンダーシード」トーキョーワンダーサイト渋谷、東京
2010 「多摩美術大学 卒業制作展」国立新美術館、東京
「新制作展」国立新美術館、東京
2012 「東京五美術大学連合卒業・修了制作展」国立新美術館、東京
「Young Art Taipei」Gallery Q- Booth、シェラトンホテル、台北、台湾
Awards
2007〜2010 新制作展入選
2008・2010 新制作展 新作家賞受賞
2009 ワンダーシード入選