GalleryQ/QConceptinc
>> Q_HOME >Exhibitions2008 >Exhibition Archives 2008-029
Exhibition Now Exhibition Archives Schedule Reservation Links Past Projects

Exhibition Archives 2008

12本のCord展 

2008年8月18日-23日

The Twelfth Cord

Artist Profile

cord-1 庄司朝美(shouki asami)

「手を喰う人」 油彩 80(H)x70(W)の変形カンバス2008
「a hand in her mouth」oil on canvas 80(H)x70(W) 2008

ステートメント
「手を喰う人」これは肉体的な感覚の記憶。手が口の中で膨張していく感触、それに伴う脳の苦痛。これはわ
たしの個人的体験である。その時実際にダメージを受けているのはわたしの胃であった。しかし苦痛の信号を
受け取りつづけた脳は、次第に奇妙な幻覚を作り出すようになった。現実には起こりえないことが、リアルな
肉体的感覚と視覚的イメージを伴って発現したのだ。
Artist Profile-Japanese CV
1988 福島県生まれ
2008 多摩美術大学版画科3年在籍
Group Exhibitions
2006 「醜女雨林」展、多摩美術大学内、八王子、東京
2008 12本のCord」展、多摩美術大学、情報デザイン棟・芸術学棟ギャラリー、東京
「12本のCord」展、ギャラリーQ、銀座、東京
「2人展」新宿眼科廊、新宿、東京
2009 新宿プロムナード、新宿、東京
Artist Profile-english CV
1988 Born in Fukusima
2008 Department of Printmaking course of Tama Art University Tokyo
Group Exhibitions
2009 Shinjyuku Promnard Gallery, Tokyo
2008 “The Twelfth Cord” Gallery of Information Design Course in Tama Art University, Tokyo
The Twelfth Cord” Gallery Q, Tokyo
Shinjyuku Gankarou Gallery, Tokyo
2006 “sikomeurin”Tama Art University’s Gallaery, Tokyo

cord-2 山地里佳(yamachi rika)

《ラウンド・グラウンド》 ミクスト・メディア  500(H)×600(W)×600(D)mm 2007
《round-around》 mixied media 500(H)×600(W)×600(D)mm 2007

ステートメント
触れずに触覚を刺激する" - 「触覚」とは一般に物に触れた時に生じる感覚だと言われています。
しかし触らず、見るだけ・聞くだけで鳥肌が立ち、触覚が刺激される感覚を覚えた事はありませんか。
Artist Profile-Japanese CV
1987 北海道札幌市生まれ
2008 多摩美術大学情報デザイン学科情報芸術コース3年在籍
Group Exhibitions
2007 「TECH展 -ナニコレ2007-」三鷹市芸術文化センター、東京
2008 「12本のCord」展、多摩美術大学、情報デザイン棟・芸術学棟ギャラリー、東京
「12本のCord」展、ギャラリーQ、銀座、東京
Artist Profile-English CV
1987 Born in Tokyo
2008 Department of Information Design, Information Art of Tama Art University, Tokyo
Group Exhibitions
2008 The Twelfth Cord” Gallery Q, Tokyo
“The Twelfth Cord” Gallery of Information Design Course in Tama Art University, Tokyo
2007 “nani-collection2007” Mitaka City Arts Center、Tokyo

cord-3 横田千春(yokota chiharu)

「頭痛 和紙に墨,水彩,油 841mm(h)×594mm(w) 2008
「headache」   Chinese ink,watercolar and rape oil on Japanese paper 2008   

ステートメント
日々、感じ、考え、思うこと。抱いている痛み、積み重なる傷・・・。
人には云えない、でも知ってほしい、気付いてほしい―
感情と理性の狭間で生じる矛盾。自分が今ここにいる意味。
それらを模索しながら表現方法に囚われずに伝え、
観る人の心に訴えうる作品を目指していきたい。
Artist Profile-japanese cv
1984 千葉県生まれ
2008 多摩美術大学絵画学科油画専攻3年在学中
Group Exhibitions
2006 「呼吸展」多摩美術大学内、八王子、東京
2007 「隙間展」多摩美術大学内、八王子、東京
「UiUi」ギャラリーコンノ、渋谷、東京
2008 「12本のCord」展、多摩美術大学、情報デザイン棟・芸術学棟ギャラリー、東京
「12本のCord」展、ギャラリーQ、銀座、東京
Artist Profile-english cv
1984 Born in Chiba, Japan
2008 Department of Painting, Oil Painting Course of Tama Art University, Tokyo
Group Exhibitions
2008 “The Twelfth Cord” Gallery Q, Tokyo
The Twelfth Cord” Gallery of Information Design Course in Tama Art University, Tokyo
2007 “UiUi” Gallery Konno, Tokyo
“Sukima” Tama Art University’s Gallery,Tokyo
2006 “kokyu” Tama Art University’s Gallery,Tokyo

cord-4 堺 浩子(sakai hiroko)

かかし1,2,3,4 リトグラフ 70(H)x70(W)cm 2008
scarecrow1,2,3,4 Lithograph 70(H)x70(W)cm 2008

ステートメント
吊るされたカラスの死骸には首が無かった。そのイメージは徐々に人体に置き換<
えられ、顔の無い人間の無個性な様に気付かされた。私たちは虚しい程小さな違い
の中に、自分を見つけようとしているのだ。
Artist Profile-japanese cv
1986 熊本県生まれ
2008 多摩美術大学版画科3年在籍
Group Exhibitions
2007 “ 「版画科2,3年合同展示」多摩美術大学内、八王子、東京
2008 「PBL『生』プロジェクト」Apple Store 銀座、銀座、東京
「12本のCord」展、多摩美術大学、情報デザイン棟・芸術学棟ギャラリー、東京
「12本のCord」展、ギャラリーQ、銀座、東京
2009 新宿プロムナード、新宿、東京
Artist Profile-english cv
1986 Born in Kumamoto
1996 B.F.A. Graduated from Sculpture course Tokyo University of Fine Arts and Music
Group Exhibitions
2008 “The Twelfth Cord” Gallery Q, Tokyo
The Twelfth Cord” Gallery of Information Design Course in Tama Art University, Tokyo
“PBL Nama Project” Apple Store Ginza ,Ginza,Tokyo
2007 “Printing Course”Tama Art University’s Gallaery, Tokyo

cord-5 (Seo moonjin)

個展「Naked Eyes」2007
国民アートギャラリー 韓国、ソウル


ステートメント
私の絵は死という宿命的な切望から感じる恐怖を描いている。逃げ切れないジレンマをさらけ
出すことによって観客との疎通を渇望している。そして、この切望感も無力感も恐怖まで、私
たち人間の一部であるのを認めて、ただ静かに受け入れたいのである。
Artist Profile-japanese cv
1984 韓国、釜山生まれ
2007 国民大学美術学部絵画学科卒業、韓国
2008 多摩美術大学芸術学研究生
Solo Exhibitions
2007 「Overwatched Eyes」展、国民アートギャラリー、ソウル、韓国
「Naked Eyes」展、国民アートギャラリー、ソウル、韓国
Group Exhibitions
「12本のCord」展、多摩美術大学、情報デザイン棟・芸術学棟ギャラリー、東京
「12本のCord」展、ギャラリーQ、銀座、東京
Artist Profile-english cv
1984 Born in Busan City, Korea
2007 Graduated Department of Fine Art, Kookmin University, Korea
2008 Department of Art Science, Tama Art University, Tokyo
Solo Exhibitions
2007 "Overwatched Eyes" Kookmin Art Gallery, Seoul City, Korea
"Naked Eyes" Kookmin Art Gallery, Seoul City, Korea
Group Exhibitions
2008 “The Twelfth Cord” Gallery Q, Tokyo
The Twelfth Cord” Gallery of Information Design Course in Tama Art University, Tokyo

cord-6 中村美沙子 (nakamura misako)

ストロベリーパニック 四六判(1890X980)星物語 ペン(Hi-tec)2007
「Strawberry Panic」pen on the paper 1890(H)x980(W)2007

ステートメント
ポップで可愛らしいイメージを線で追いかけることで、わたしの本能が呼び覚まされる。
不思議な図柄は異世界への憧れや、逃避したいという欲望の表れだと感じている。
呼吸をするように増える線は欲求を満たすべく蠢き続ける。
Artist Profile-japanese cv
1986 東京都生まれ
2008 多摩美術大学絵画学科油画科3年在学中
Group Exhibitions
Art 30IB exhibition, Victoria School of Performing and Visual Arts, Edmonton, Alberta, Canada
2008 札幌市立高等専門学校、卒業制作展、札幌市立高等専門学校内、札幌、北海道
「12本のCord」展、多摩美術大学、情報デザイン棟・芸術学棟ギャラリー、東京
「12本のCord」展、ギャラリーQ、銀座、東京
「屋台開発プロジェクト」札幌デザイナーズウィーク、ユビキタス協創広場U-cala、 札幌 http://sapporo.keizai.biz/headline/107/
Artist Profile-english cv
1986 Born in Tokyo
2008 Department of Oil Painting Course of Tama Art University, Tokyo
Group Exhibitions
2008 “The Twelfth Cord” Gallery Q, Tokyo
The Twelfth Cord” Gallery of Information Design Course in Tama Art University, Tokyo
Graduate Exhibition of Sapporo School of The Arts
Joined in collaboration work among industry-government-academia research group for The Project of
Yatai in Sapporo Designers Week, at Ubiquitous U-cala http://sapporo.keizai.biz/headline/107/
   
1997 "Escape from ordinary days."Gallery Q, Tokyo
1996 ."Philip Morris Art Award."Spiral Aoyama,Tokyo

cord-7 野副安友子(nozoe ayuko)

in-between DVD 2008

ステートメント
みているのか・きいているのか
みえるのか・みえないのか
きこえるのか・きこえないのか
開いているのか・閉じているのか
生きているのか・死んでいるのか
―ただ、そこにある風景を・自然を・環境を・世界を・宇宙を
―ただ・ただ、感じて
Artist Profile-japanese cv
1986 佐賀県嬉野市生まれ
2007 IAMAS(岐阜県立国際情報科学芸術アカデミー)卒業
2008 多摩美術大学美術学部芸術学科在学中
Group Exhibitions
2005 「IAMAS collection」IAMAS内、大垣、岐阜
「IAMAS OPEN HOUSE2005 DSP course Exhibition」IAMAS内、大垣、岐阜
2007 「IAMAS2007」大垣ソフトピアセンター、大垣、岐阜
「茶芸庵」多摩美術大学内、八王子、東京
  「たま写展」多摩美術大学内、八王子、東京
「station」Gallery LE DECO、渋谷、東京
2008 「18人のPHOTOスライドショー‘生’」アップルストア銀座、銀座、東京
「12本のCord」展、多摩美術大学、情報デザイン棟・芸術学棟ギャラリー、東京
「12本のCord」展、ギャラリーQ、銀座、東京
performance
「AACパフォーマンス道場」愛知芸術文化センター、小ホール、名古屋、愛知 (時間旅行楽団)
2006 「アルゴリズムおんがくかい」カフェパルル、名古屋、愛知 (時間旅行楽団)
2007 「大阪アートカレイドスコープ」大阪府立現代美術センター、中央区、大阪 (時間旅行楽団)
受賞歴
第1回AACサウンドパフォーマンス道場「奨励賞」 (時間旅行楽団)
Artist Profile-english cv
1986 Born in Saga, Japan
2008 Department of Art Science of Tama Art University, Tokyo
2007 IAMAS, Gifu
Group Exhibitions
2008 “The Twelfth Cord” Gallery Q, Tokyo
"The Twelfth Cord” Gallery of Information Design Course in Tama Art University, Tokyo
The eigteenth photo slide show” Apple Store Ginza, Tokyo
2007 “station”Gallery LE DECO, Tokyo
“Tamasya” Tama Art University, Tokyo
  “Sageian” Tama Art University, Tokyo
“IAMAS2008”Softpia Japan Center Building, Gifu
2005 “IAMAS OPEN HOUSE2005 DSP course Exhibition” IAMAS, Gifu
“IAMAS collection” IAMAS, Gifu
Performance
2007 “Osaka Art Kaleidoscope” Osaka Contemporary Art Center, Osaka (Time Travelers Ensemble)
2006 “Algorithm Concert” Cafe´ Parle, Aichi (Time Travelers Ensemble)
“AAC performance gym ” The mini Theater in Aichi Arts Center, Aichi (Time Travelers Ensemble)
Award
2006 “The Art Encouragement Prize” AAC performance gym, Aichi (Time Travelers Ensemble)

cord-8 蒲田実幸(kabata miyuki)

Mammal Chair
鉄棒、籐、ステンレス金網 638mm(H)×880mm(W)×350mm(D)2007
Horizontal bar・Rattan・Stainless wire net 2007

ステートメント
これから先の未来は未知数である。オフィシャルなモノこそ、自由に、本当に価値のある物へと進化していな
ければならない。
それが今の世界に必要な「未来の作り方」である。
公共の道に、不思議なベンチがあってもいい。生き物みたいな、世界中にここにしか存在しないような。
それを見て大きくなった子供たちが、自由な都市を、未来を作っていってほしい。
Artist Profile-japanese cv
1988 大阪府生まれ
2008 多摩美術大学環境デザイン学科3年在籍
Group Exhibitions
2008 「12本のCord」展、多摩美術大学、情報デザイン棟・芸術学棟ギャラリー、東京
「12本のCord」展、ギャラリーQ、銀座、東京
Artist Profile-english cv
1988 Born in Oosaka
2008 Department of Environmental Design Course of Tama Art University, Tokyo
Group Exhibitions
2008 “The Twelfth Cord” Gallery Q, Tokyo
"The Twelfth Cord” Gallery of Information Design Course in Tama Art University, Tokyo

cord-9 春川真由美(harukawa mayumi)

yu-koku 油画 116.7(H)x91(W)x3(D)cm 2006 
yu-koku oil painting 116.7(H)x91(W)x3(D)cm 2006

ステートメント
肖像、爆煙。この絵と塊は、過去の人物、粒子を媒介に立ちあがるエネルギーの具象、その輪郭を提示する
ほとんどの事象はメディアを通じていくらでも目に入り、そのとき無意識は日常をはなれ膨張する。しかし、
私たちの中には虚像が投影されているだけであるこの輪郭をに実際にとらえることによって、うつろに拡張
された意識を補完し、それにともなう感情を克服する。
Artist Profile-japanese cv
1987 神奈川県生まれ
2008 多摩美術大学版画科3年在籍
Group Exhibitions
2006 「醜女雨林」展、多摩美術大学内、八王子、東京
2008 12本のCord」展、多摩美術大学、情報デザイン棟・芸術学棟ギャラリー、東京
「12本のCord」展、ギャラリーQ、銀座、東京
「2人展」新宿眼科廊、新宿、東京
2009 新宿プロムナード、新宿、東京
Artist Profile-english cv
1987 Born in Kanagawa
2008 Department of Printmaking course of Tama Art University Tokyo
Group Exhibitions
2009 Shinjyuku Promnard Gallery, Tokyo
2008 “The Twelfth Cord” Gallery of Information Design Course in Tama Art University, Tokyo
The Twelfth Cord” Gallery Q, Tokyo
Shinjyuku Gankarou Gallery, Tokyo
2006 “sikomeurin”Tama Art University’s Gallaery, Tokyo

cord-10 小倉綾乃(kokura ayano)

他人  パネルにクレヨン、油絵具、飴  52.8(H)x43.2(W)cm 2008 
「Others」 crayon, oil painting, candy on panel 52.8(H)x43.2(W)cm 2008

ステートメント
私の生み出す作品は、私の視点で見た物事、考えの具現化だが、ある時、1つの完成された作品を前に、
ここから作品自体が私の意思に関係なく変化していってもいいのではないかと考えこの作品を作り出した。
気温や湿度や環境によって変化するこの作品は、私の意思とは関係なく一人歩きをはじめる。私は行き先
を知らない。自分で生み出した作品のはずなのに、それは、まるで他人のようだ。
Artist Profile-japanese cv
1985 長野県生まれ
2008 多摩美術大学絵画学科版画専攻在学中
Group Exhibitions
2006 「醜女雨林」展、多摩美術大学内、八王子、東京
2007 「2、3年合同展示」展、多摩美術大学内、八王子、東京
2008 「プラガール」展、デザインフェスタ内ブース、東京
「12本のCord」展、多摩美術大学、情報デザイン・芸術学棟ギャラリー、東京
  「12本のCord」展、ギャラリーQ、銀座、東京
2009 新宿プロムナード、新宿、東京
Artist Profile-english cv
1985 Born in Nagano, Japan
2008 Department of Painting, Printmaking Course of Tama Art University, Tokyo
Group Exhibitions
2009 Shinjyuku Promnard Gallery, Tokyo
2008 “The Twelfth Cord” Gallery of Information Design Course in Tama Art University, Tokyo
"The Twelfth Cord” Gallery Q, Tokyo
“Plastic girls” Design Festival, Tokyo
2007 “Sophomore and juniors joint exhibitions” Tama Art University’s Gallery, Tokyo
2006 Sikomeurin” Tama Art University’s Gallery, Tokyo

cord-11 濱田路子(hamada michiko)

「たかし」画用紙に水彩72.8×51.5c 2008年
TAKASHI water paint 72.8×51.5cm 2008

ステートメント
人をものを、閉じ込めたい。自分の好きなように閉じ込めたい。
普段閉じ込める事、閉じ込もる事が出来ない四角い二次元に閉じ込めたい。閉じ込めてあげたい。
いつもこのような願望の元、制作しています。今回ももともと
何も無かった画面に、何かを閉じ込めてみました。
Artist Profile-japanese cv
1985 東京都生まれ
2008 多摩美術大学版画科3年在籍
Group Exhibitions
2006 「平和展」世田谷美術館、世田谷、東京
2006 「醜女雨林」展、多摩美術大学、八王子、東京
2007 「地下一階喫煙所」展、多摩美術大学、八王子、東京
「ときめき☆遣水ランデヴー」遣水青年美術館、八王子、東京
2008 「12本のCord」展、多摩美術大学、情報デザイン棟・芸術学棟ギャラリー、東京
「12本のCord」展、ギャラリーQ、銀座、東京
写真スライドショー『生』」アップルストア銀座、銀座、東京
2009 新宿プロムナードギャラリー
Artist Profile-english cv
1985 Born in Tokyo
2008 Department of Printmaking course of Tama Art University Tokyo
Group Exhibitions
2009 shinjyuku Promnard Gallery, Tokyo<
2008 “The Twelfth Cord” Gallery of Information Design Course in Tama Art University, Tokyo
"The Twelfth Cord” Gallery Q, Tokyo
1998 "LIFE”Ginza, AppleStore,Ginza, Tokyo , Japan rou Gallery, Tokyo
  Tama Art University's Gallery,Tokyo
2007 Yarimuzu YouthArt Museum,Tkyo
2006 "ThePeace"Setegaya Art Museum,Tokyo
"sikomeurin"Tama Art University's Gallaery,Tokyo

cord-12 中尾拓哉(Nakao Takuya)キュレーター 

「12本のCord」展、多摩美術大学、情報デザイン棟・芸術学棟ギャラリー、東京


Artist Profile
1981 東京都生まれ
2004 阿佐ヶ谷美術専門学校卒業
2008 多摩美術大学芸術学科3年次編在籍
Group Exhibitions
2004 「CONSTELLATION」展、SKギャラリー、高円寺
2008 「12本のCord」展、多摩美術大学 情報デザイン棟・芸術学棟ギャラリー、東京
「12本のCord」展、ギャラリーQ、銀座、東京
その他の活動
2003 「AMBIVALENCE」ライブペイント、六本木CORE
「GRAFHIE」ライブペイント、渋谷VRAS
イベント展示、渋谷GAME
「ON楽」ライブペイント、渋谷MODULE
  「CODEC」展示、吉祥寺HUNLAHUN
「KODO」展示、渋谷ORGANBAR
2004 「FW04EXHIBITION」展示、横浜大桟橋ホール
Artist Profile-english cv
1981 Born in Tokyo
2008 Department of Art Science of Tama Art University, Tokyo
2004 Graduated from the Asagaya Art Special School,Tokyo
Group Exhibitions
2008 “The Twelfth Cord” Gallery Q, Tokyo
“The Twelfth Cord” Gallery of Information Design Course in Tama Art University, Tokyo
2004 “CONSTELLATION” SK Gallery, Tokyo
Other Creative Works
2004 “FW04EXHIBITION”Exhibition, Tokyo
2003 “KODO”Live Paint, Tokyo
“CODEC”Exhibit, Tokyo
“ONGAKU”Live Paint, Tokyo
Event, Exhibit, Tokyo
GRAFHIE”Live Paint, Tokyo
"AMBIVALENCE”Live Paint, Tokyo