GalleryQ/QConceptinc
>> Q_HOME >Exhibitions2013 >Exhibition Archives 2013-026
Exhibition Now Exhibition Archives Schedule Reservation Links Past Projects

Exhibition Archives 2013

Elizabeth Dobrilla エリザベス・ドブリラ 展

2013年7月1日(月)- 7月13日(土)

Elizabeth Dobrilla works
Artist Statement
    

“KAGIANA and KALEIDOSCOPES”

Two cities, two lives…..my seven year residency in Japan was in retrospect
a series of moments, photographic stills and glimpses into a culture
I kept unravelling-through time spent and discoveries made.

I often felt like I was peering into a keyhole, discovering parts of a puzzle to
a story I wanted to reveal more of and knew it must all be part of a much
bigger story or picture.

My life now, currently back in my hometown of Melbourne-Australia has brought
clarity and focus, with an underlying familiarity and pull towards the aesthetics
and influences of Japan.

Over the past few years I have been living with ‘Vertigo’- a condition that
often makes you feel like you are ‘in a spin’. This new body of work draws
upon nature and life’s various cycles. It’s a marriage of Japanese motifs-
from Pop culture to traditional samurai-swords to more abstract colourful
sunflower formations.

“Two cities, two lives….a ‘key’ into another life, of another time and
another sense of place”.

 

Artist Statement
    

“鍵穴と万華鏡”       

二つの都市、二つの人生、、、日本での7年間における私の滞在期間は瞬く間の回想の中にありました。
私は日本文化をスチール写真に納めることで、新たな発見をし、少しづつ理解し始めていました。
その物語が度々、パズルの断片のように、まるでカギ穴を覗いているようにも思えました。
その断片がもっと大きな物語の絵の一部分であることも知るようになりました。
私の出身地であるオーストラリアのメルボルン市に戻ってから、現在の私の生活は日本からの影響も
あることが分かり、日本の文化や美学についても心思い焦がれることもありました。
私のこの数年間の生活は、目まぐるしく、回転している時に感じるような目眩のように、
感じ生きていました。私の制作した新しい作品は自然や生命の色んなライフスタイルから
ヒントをもとに制作をしたり、日本のポップカルチャーや伝統的な侍のスタイルの刀と
いったものや、抽象的なひまわりの形態から得た作品をモチーフに描いてきました。
それは伝統と現代のように、日本とオーストラリアを行き来する。

「二つの都市と二つの人生、、、。他の人生、他の時間と他の場所に関する感覚、
それはまるでカギ穴から覗いているようでもある。」

 

Artist Profile
1970 メルボルン、オーストラリア生まれ
1990 メルボルン大学 ヴィジュアル・アーツ 卒業、メルボルン
1994 モナッシュ大学絵画学科版画卒業、メルボルン
1996 ロイヤル・メルボルン工科大学大学院博士課程絵画学科修了、メルボルン
1997-99 ロイヤル・メルボルン工科大学大学院博士課程研究生、メルボルン
Solo Exhibitions
1994 マンハッタン・ビストロ、メルボルン
1998 「Clear Water … A Little Bloody」ギャラリー101、メルボルン
2000 「trigger…trail…trial」ギャラリー101、メルボルン
2009 「What lies beneath the cute factor」ギャラリー101、メルボルン
2011 「Mizu nami rising」オブスクラ・ファイン・フォト・ギャラリー、バラクラーバ、メルボルン
2013 ギャラリーQ、東京
Group Exhibitions
1991 Lucato Peace 賞」
1993 「モナッシュ大学 サマーサロン」モナッシュ大学、メルボルン
「パノラマ・センター・コンテンポラリーアート」メルボルン
1994 「キャンソン版画賞-ARTWORKS 6 ワークス・オン・ペーパー」ギャラリー101、メルボルン
「モナッシュ サロン卒業展」モナッシュ大学、メルボルン
1995-96 「マンハッタン・ビストロ」メルボルン
2011 「第29回上野の森美術館大賞展」上野の森美術館、東京
1996 「STRATA: Master’s Exhibition」ストレリーホール、メルボルン工科大学、メルボルン
1998 「Silk Cut Acquisitive Award Finalists Exhibition」カルフィールド・アート・コンプレックス
「Intaglio +」ポート・ジャクソン・プレス、メルボルン
「第6回オーストラリア・コンテンポラリー・アート・フェアー」ロイヤル・イクスビション・ビルディング
メルボルン、ギャラリー101、メルボルン
「Review ’98- ディレクターズ・チョイス」ギャラリー101、メルボルン
1999 「カンディンスキーからコーネルまで」フォルボ美術館、アムステルダム
「第24回 シェル・フレマントゥル・プリント・アワード」フレマンテル・アートセンター、オーストラリア
「私たちはオーストラリア人」ジョージ・アダムス・ギャラリー、ビクトリア・アート・センター、メルボルン
「モーニングトン・ペニンシュラ・ナショナル・ワークス・オン・ペーパー、
ファイナリスト・エクスビション」モ−ニングトン、ビクトリア
2000 「マセドニアン・プリント・トリエンナーレ」ビトラ美術館、ビトラ-マセドニア
「スクエアー2000」ギャラリー101、メルボルン
「The 2000 Silk-Cut賞」カウルフィールド・タウンホール、メルボルン
「メルボルン・アートフェアー2000」ロイヤル・イクスビション・ビルディング、
メルボルン、ギャラリー101, ポート・ジャクソン・プレス、メルボルン
「第25回 アニュアル・シェル・フレマントゥル・プリント・アワード」
フレマンテル・アートセンター、オーストラリア
「精巧な死体」巡回展 - ベンディゴ・アート・ギャラリー
「スワン・ヒル・ナショナル・プリンツ&ドゥローイング・アクセンティブ・アワード」
スワン・ヒル、ギャラリー、ビクトリア
「ポストカード・ショー2000」リンデン・アート・センター&ギャラリー、メルボルン
「私たちはオーストラリア人」巡回展、シドニー
2001 「同時的/6人の女性現代版画家展」ポート・ジャクソン・プレス、メルボルン
「オーストラリア現代版画展」ホテルソフィテル/ポート・ジャクソン・プレス、メルボルン
Collections
ポート・ジャクソン・プレス、メルボルン
モナッシュ大学、メルボルン
BHP-メトゥローレム、メルボルン
アート・バンク、ニューサウス・ウェールズ
Forbo-Krommenie、アムステルダム、オランダ
オーストラリア・ウォー・メモリアル、キャンベラ
Commition Works
1999 ポート・ジャクソン・プレス/エッチング・シリーズ、パークハイヤット・ホテル、メルボルン
ポート・ジャクソン・プレス/エッチング・シリーズ、ウェスティング・ホテル、シドニー
others
1996 指導教員 フォト・エッチング・ワークショップ、ロイヤル・メルボルン工科大学、メルボルン
2001 講演 ファクトリー・アンド・デザイン、モナシュ大学、メルボルン