GalleryQ/QConceptinc
>> Q_HOME >;Exhibitions2016 >Exhibition Archives 2016-032
Exhibition Now Exhibition Archives Schedule Reservation Links Past Projects

Exhibition Archives 2016

安藤 開 展

2016年8月22日(月)-8月27日(土)

Ando Kai works
Artist Statement


 私はかたちの無いもの、無いことに価値を感じます。

例えば手で水をすくうようなかたちを象ったとき、器状になった手の形態、手そのものよりも、
内側のかたちを見ている。そして手に包まれたその何も無い空間が、わたしはとても大事なものに感じられます。

ひとは目には見えないかたち、存在しないものに対して、何かを感じ取り、そこに想像力を働かせることができる。
本来存在せず、何ら意味を持たないはずである空間が、そこでは意味を持ち、たしかに存在している。

やきものという素材で、形態と空間、在ると無いの心地よい関係性を模索しています。



Artist Profile
1988 神奈川県生まれ
2013 多摩美術大学美術学部工芸学科卒業
2015 多摩美術大学大学院美術研究科博士前期課程工芸専攻修了
個展
2014 ギャラリーQ、東京
2015 ギャラリーQ、東京
2016 ギャラリーQ、東京
グループ展
2011 「産業廃棄動物展」神奈川県民ホール、横浜 
「FREE STYLE展」神奈川県民ホール、横浜
2012 「交差展 vol.5」CROCO ART FACTRY、横浜
2013 「卒業制作展-ひてひと-」スパイラルガーデン、青山、東京
「交差展 vol.6」CROCO ART FACTRY、横浜
「アジア現代陶芸-新世代の交感展」金沢21世紀美術館、金沢
「第49回神奈川県美術展」神奈川県民ホール、横浜
2014 「交差展 vol.7」CROCO ART FACTRY、横浜
「アジア現代陶芸-新世代の交感展」金海クレイアーク美術館、韓国
「99人展」ギャラリーQ、東京
2015 「交差展 vol.8」CROCO ART FACTRY、横浜
「第7回ゼロケルビン展」全労済ホール/スペース・ゼロ、新宿
「99人展」ギャラリーQ,東京
2016 「交差展 vol.9」CROCO ART FACTRY、横浜
「第8回ゼロケルビン展」全労済ホール/スペース・ゼロ、新宿
「99人展」ギャラリーQ,東京
受賞歴
2013 第49回神奈川県美術展 入選 
スカラーシップ
2012 多摩美術大学奨学金
2014 多摩美術大学奨学金